患者様の声

原因不明。長年の鈍痛と不快症状。初診で見抜いた、神経回路の異常

森岡芳枝さん(山口県岩国市在住、66歳) chat

森岡芳枝さん(山口県岩国市在住、66歳)

今から14から15年位前に、みぞおちに鈍痛を感じました。それに、何とも言えないあの不快症状…。地元の大きな病院に行きましたが、先生はだましだましずっと付き合いなさいって。そうなのかな…と思いながら我慢することにしました。その間にも、他の病院や整体などいろいろ行きましたがやっぱりよくならず。

しかも昨年に胃がんが見つかったんです。紹介を受けて、広島の病院で手術を受けました。その時に、ずっと何年悩んでいた鈍痛と不快症状のことも相談しましたが、体質のようなものではと言う答え。

岡山に嫁いでいる娘にサービカルを紹介されたのはその時です。娘もそこで五十肩が治ったみたいで、いちどきり、位の気持ちで行ってみることにしたんです。

初診の時に、来年の頃は鈍痛について話しました。院長先生を全部聞いてくれた後、腰のあたりとみぞおち・後頭部を見ながらこれは神経回路の異常だとはっきり指摘したんです。原因を特定できる人がいるんだってあの時やっと安心できましたね。

就寝中に痛みで目が覚めることもなくなりました。むしろ体が軽く感じられる位です。不快症状も明らかに軽くなっています。いくら時間がかかる所が、遠かろうが、これからもサービカルには通いますよ。
山口から始発電車に乗ってでも(笑)

※施術効果には個人差があります。