患者様の声

だめでもともとのつもりで電話、初回でしびれと右手に力が戻った

角田譲さん(岡山市在住、84歳) chat

角田譲さん(岡山市在住、84歳)

ちょうど1年前肝臓にがんが見つかり手術することになりました。その時ベッドに縛りつけられるほど大原大暴れしてしまい、右手を痛めたんです。

しびれて腕は上がらないし指先に力が入らない。手術をしてもらった病院の先生からは、高齢だし手のほうはもう良くならないと言われました。それでもと右手を手術したんですがやっぱり良くはならず。それからは手が痺れたままの生活です。
服のボタンはうまく止められない、し車のキー1つ満足に回せない…。

家内が偶然こんにちはでサービカルの記事を見つけたときにはだめでもともと位の気持ちで電話してもらいました。実際にサービカルで先生に診察してもらって驚きました。

ほんの5分。腕や肩の周りを触って、しびれた右手に力が入りだしたんです。あんまり具合が良かったので、惚けたように口を開けて笑とったみたいです。よだれまで垂らして…。家内に言われて気づきましたよ(笑)

もちろん痛みなんてありません。帰るときにはボタンが自分で止められてびっくりしました。 車のキーは1年間ずっと左手で回していたのが、右手で回せてさらに驚き家内も本当にびっくりしました。

※施術効果には個人差があります。